テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

NifMoでテザリング

biglobe

 

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

 

よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。

 

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

 

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

 

多くのサービス提供元も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

 

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

 

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

 

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

 

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

 

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

 

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来るサービスを選定する必要があることが分かります。

 

格安SIMをiPhoneで使いたい人がいると思います。

 

ドコモの回線を使用している業者であればNTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

 

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは残念ながら使えません。

 

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

 

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックフリーのものがある。

 

docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

 

ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用することができます。

 

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

 

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

 

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

 

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

 

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、大手キャリアが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

 

データ通信が安くできる格安SIM。

 

月額1000円前後の格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

 

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

 

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

 

大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月に1000円程度という費用になることも。

 

いったん、検討してみても良いかもしれません。