格安SIMでテザリングを使いたい。格安SIMのランキング比較!

U-mobileは遅いの?

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

 

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

 

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

 

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

 

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

 

そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

 

格安のSIMを売っているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

 

したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。

 

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると会社によって違うことが分かります。

 

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

 

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

 

その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。

 

「太い回線帯域」と「通信の設備」はMVNOによって異なっています。

 

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

 

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

 

スマートフォンやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックフリーのものがある。

 

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

 

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

 

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

 

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

 

データ通信が安くできる格安SIM。

 

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

 

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

 

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

 

安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行けるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

 

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

 

大手キャリアだと6000円以上かかる料金が、MVNOだと月々1000円という費用になることも。

 

とりあえず、プランニングしてみても悪くないのではないでしょうか。