テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

ビッグローブでテザリング

biglobe

通常、帯域がしっかりしていればユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

 

したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。

 

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

 

格安SIMはちょっと不安という方や、メインとして使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

 

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

 

したがって、スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。

 

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

 

例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

 

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

 

その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

 

「データ回線帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。

 

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

 

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

 

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

 

そうなったら、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

 

実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

 

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

 

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

 

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

 

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

 

スマホや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

 

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。

 

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

 

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

 

au等ですと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者だと月々1000円ということも。

 

一回は、確認してみても良いと思います。

 

安価にデータ通信ができる格安SIM。

 

月々1000円のものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。

 

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。