テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

DMMモバイルでテザリング

dmmmobile

安価にデータ通信ができる格安SIM。

 

月々1000円のものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

 

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

 

格安のSIMを売っているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

 

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

 

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

 

例えば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

 

いろんな会社もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

 

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

 

「太い回線帯域」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。

 

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

 

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

 

格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。

 

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、MVNOだと月々数百円という料金プランも。

 

いったん、確認してみてもいいかもしれませんね。

 

大手キャリアのスマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

 

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

 

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

 

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

 

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

 

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

 

それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

 

SIMカードとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われているIC型のカードのことです。

 

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

 

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

 

安いサービスはちょっと心配という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

 

通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ処理ができるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

 

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。