テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

IIJ mioでテザリング

IIJ mio

通常のスマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

 

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMにロックがかかっているのです。

 

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMを利用することができます。

 

低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

 

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者だと月に1000円程度という料金プランも。

 

とりあえず、確認してみてもいいのではないでしょうか。

 

低価格でデータ通信できる格安SIM。

 

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

 

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

 

普通は、データ回線がふとければユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

 

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

 

格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

 

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

 

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

 

具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

 

いろんな会社もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

 

その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」に影響されることがあります。

 

「帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

 

iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。

 

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

 

しかし、softbankやauのものはそのままでは使えません。

 

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

 

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

 

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

 

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

 

格安SIMがよくわからない人や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

 

SIMとは何かというとNTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、softbankではUSIMカードという名前のICカードのことを指しています。

 

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。