テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

マイネオでテザリング

mineo

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

 

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

 

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

 

そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれているIC型のカードのことです。

 

スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

 

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

 

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

 

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものは残念ながら使えません。

 

それでも使いたい場合は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

 

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

 

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。

 

安価にデータ通信ができる格安SIM。

 

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

 

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、インターネットやメールは問題なくできます。

 

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

 

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

 

しかし、実際の通信速度を調べてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

 

たとえば、昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

 

どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

 

どうしてかというと通信速度は、データ回線の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

 

「太い回線帯域」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

 

低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

 

大手キャリアだと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安SIMだと月々1000円という費用になることも。

 

一回は、見直しを考えてみても良いかもしれません。

 

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

 

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

 

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

 

したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。