テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

OCNモバイルでテザリング

ocnmobileone

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。

 

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

 

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

 

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めてMVNOを選択した方が良いことが分かります。

 

大手キャリアのスマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックフリーのものがある。

 

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。

 

ただし、SIMロックが設定されていても、docomoの端末の場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

 

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

 

格安SIMはちょっと不安という方や、これのみで使っていくために実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

 

現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

 

そのため、カタログスペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、何処でも大きな違いはない状態です。

 

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

 

例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

 

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

 

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。

 

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

 

低価格でデータ通信できる格安SIM。

 

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

 

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

 

格安SIMが使えれば、スマホ料金を安くすることができます。

 

ソフトバンク等だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月に1000円程度なんていう料金になることが。

 

一回は、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

 

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

 

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

 

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

 

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

 

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

 

auやソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

 

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。