テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

楽天モバイルでテザリング

rakutenmobile

 

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

 

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく基盤がしっかりとした事業者を選択する必要があることが分かります。

 

スマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

 

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、SIMを他社のものが使えないSIMロックがかけられています。

 

けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードを使うことができます。

 

格安SIMを使うことができた場合、携帯電話料金を安くできます。

 

大手キャリアだと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと1000円未満なんていう費用に。

 

ここはひとつ、確認してみてもいいかもしれませんね。

 

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

 

ドコモの回線を使用している業者であればiPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

 

しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。

 

そうなったら、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

 

低価格でデータ通信できる格安SIM。

 

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

 

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、インターネットやメールは問題なくできます。

 

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

 

携帯電話に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。

 

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

 

そのため、サービスのスペックとしての通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

 

しかし、実際の通信速度を調べてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

 

たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

 

いろいろな仮想移動体通信業者もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

 

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

 

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

 

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

 

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

 

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

 

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。