テザリングを使いたい。格安SIMのランキング!

U-mobileでテザリング

umobile

 

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

 

docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下なんていう料金になることが。

 

一回は、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

 

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

 

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮して会社を選ぶ必要があることが分かります。

 

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

 

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

 

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

 

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

 

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、ネットワークに接続できません。

 

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

 

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

 

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

 

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。

 

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

 

携帯端末に、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

 

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

 

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

 

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMカードを使うことができます。

 

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

 

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

 

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

 

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

 

そのため、カタログスペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

 

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

 

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

 

どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

 

どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと「通信設備」に影響されることがあります。

 

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。